2023年 3月28日・京都府立植物園(京都市左京区)のツバキを見に⑱・・・・

2023年 3月28日・京都府立植物園(京都市左京区)のツバキを見に⑱・・・・

2023年 3月28日 撮影

京都府立植物園とは・・・・
 京都市左京区にある植物園。
 日本で最初の公立植物園として、1924年(大正13年)1月1日に開園した。
 1946年(昭和21年)から12年間は連合国軍に接収され閉園を余儀なくされたが、1961年(昭和36年)4月に再開した。
 園内には観覧温室のほか、正門花壇、はす池、ばら園など20ほどのエリアがあり、面積240,000㎡ (24ヘクタール) の広大な敷地にテーマ別に約12000種類、約12万本の植物が植えられている。
 日本の四季の花が見られる花壇や洋風庭園、熱帯植物を集めた温室がある。北半分は半木(なからぎ)の森と呼ばれる自然に近い森を利用した生態植物園などがある。

つばき園・・・・
京都の寺院に残る椿、豊臣秀吉の愛した椿、織田有楽斎が愛した椿「有楽」など約250品種、600本を展示。
侘助系統の椿もそろう。
早咲きの11月ごろから4月初めまでが見ごろ。江戸時代からの品種である「ヒカルゲンジ(光源氏)」もあり八重咲で美しく開花時期は3月下旬ごろ。
wikipedaより

ツバキ(椿):孔雀椿(クジャクツバキ)・・・・
UP_IMG_1354.jpgUP_IMG_1353.jpgUP_IMG_1351.jpgUP_IMG_1347.jpgUP_IMG_1349.jpg
UP_IMG_1337.jpg
孔雀椿(クジャクツバキ)
Camellia japonica 'Kujaku-tsubaki'
紅色地 白斑入り 八重 蓮華性 中~大輪 枝垂れ性
三河西尾の民家の栽培種。 
花も葉も細長く 枝垂れ性で花は下向きに咲く。
実生からは 親に似た細長い葉の個体が得やすい。
和みの庭さんのHPより


ツバキ(椿):胡蝶侘助(こちょうわびすけ)・・・・
UP_IMG_1324.jpg
UP_IMG_1325.jpgUP_IMG_1329.jpgUP_IMG_1335.jpgUP_IMG_1331.jpgUP_IMG_1330.jpg
胡蝶侘助(こちょうわびすけ)Kotyouwabisuke
別名:侘助 わびすけ Wabisuke
●一重、猪口咲き、極小輪
●3~4月
●江戸期~
●太郎冠者系
●侘助
 紅地に白斑が入り、ときに紅花もでる。江戸時代には侘助といえば、本種をさした。成木になると、雄しべの葯が正常で花粉のできる大きい花と、葯が退化した小さい花が1株に咲き分けて、別種のように見える。子房には微毛がある。江戸前期の『草木写生』(1660年)や『花壇地錦抄』(1695年)に載る。推定樹齢340年ほどの古木があったが、環境の変化などにより1995~96年ごろに枯死したという。
色分け花図鑑 椿 桐野秋豊著より


ツバキ(椿):燦々(サンサン)・・・・
UP_IMG_1357.jpg
UP_IMG_1356.jpgUP_IMG_1359.jpgUP_IMG_1360.jpgUP_IMG_1363.jpgUP_IMG_1367.jpg
燦々(サンサン)
Camellia japonica 'Sansan'
明パステルピンク、八重蓮華咲、細長弁、筒しべ、大輪
「羽衣 ハゴロモ」の実生から生まれた品種。
和みの庭さんのHPより


ツバキ(椿):黒侘助(くろわびすけ)・・・・
UP_IMG_1383.jpg
UP_IMG_1376.jpgUP_IMG_1377.jpgUP_IMG_1379.jpgUP_IMG_1386.jpgUP_IMG_1385.jpg
黒侘助(くろわびすけ)
別名:永楽(えいらく)
●一重、筒咲き、中輪
●3~4月
●関西産
●ヤブツバキ系
●紅色の花
 花は紅色の色の色素が濃く、暗紅色で一般に”黒い椿”と呼ばれるみののひとつ。花のほか葉や根にも暗紅色の色素を多く含む。愛知では以前から黒侘助の名があるが、雄しべの葯は退化するワビスケの仲間てはなく、葯は正常品種。
色分け花図鑑 椿 桐野秋豊著より


ツバキ(椿):京唐子(きょうからこ)・・・・
UP_IMG_1394.jpg
UP_IMG_1395.jpgUP_IMG_1396.jpgUP_IMG_1397.jpgUP_IMG_1400.jpgUP_IMG_1404.jpg
京唐子(きょうからこ)Kyoukarako
●唐子咲き、中~大輪
●3~4月
●埼玉産
●ユキツバキ系
●絞りの花
 白地に縦絞り~小絞りが花弁ほか、花芯の唐子弁にも入る。樹の成長とともに枝変わりの紅花がよくでる。比較的に新しい品種。1933年版の『皆川椿花集』<唐子の部>に「白地堅絞 大輪」と記される。
色分け花図鑑 椿 桐野秋豊著より


ツバキ(椿):月光(がっこう)・・・・
UP_IMG_1418.jpg
UP_IMG_1410.jpgUP_IMG_1417.jpgUP_IMG_1406.jpgUP_IMG_1422.jpgUP_IMG_1423.jpg
月光(がっこう)
別名:卜伝(ぼくでん)
●一重、唐子咲き、小輪
●3~4月
●江戸期~
●ヤブツバキ系
●紅色の花
 本種は江戸中期の『広益地錦抄』(1719年)には、すでに卜伝の名で「生花に類なし」とあり、20年後の『本草花蒔絵』(1739年)には「しおらしい眺めすぐれたり 卜伝という茶人植えなし 秘蔵したるよし 上々花」と賞賛されている。当時からの人気品種。
色分け花図鑑 椿 桐野秋豊著より





続きます・・・・



いつも訪問を頂き有難うございます。


これからも引き続きよろしくお願い致します。





明日も良い日で有ります様に!!









この記事へのコメント